今年も懲りずにお付き合いくださいね

明けましておめでとうございます!

2017年は、光陰矢のごとく過ぎ去りました。

みなさんに様々な形で支えていただき、感謝しかありません。ありがとうございました。

2018年、気持ち新たに、初心にかえって、丁寧な活動をしていきたいと思います。

どんな多頭の現場でも、1匹1匹をしっかり見て、向き合っていきたい。

今年も、ご縁のある猫たちは助けたい。

どこまでできるかわかりませんが、どうぞ応援よろしくお願いいたします!

 

早速今年1回目の譲渡会を1月14日にやります!

にきどうぶつ病院様待合室にて13時より15時半です。

お待ちしております!

 

12月のTNR

年末、慌ただしくTNRで駆け回りました。

まずはこの御仁

どうぶつ基金さんのチケットを利用させていただきました
キジエモン君
堂々たるデカイお顔!
お玉さんの有無を確認するまでもなく
一目で男の中の男!とわかりますね。
さぞかし女子にモテた事でしょう。
去勢されて、地域の女子猫の落胆が目に見える様です。
オスの去勢は地域猫の数のコントロールにはかなり有効です。
どうぶつ基金さんに感謝!




以下は助成金無しのTNRです

続きを読む

今年最後の譲渡会

雪ですね。冬本番。
今年もあと少し。色々、本当に色々あった2017年。最後まで走りますよ〜
10日の譲渡会では、黒猫の三日月ちゃんにお申し込みがありました。やったね三日月ちゃん( ・∇・)
17日も譲渡会です!今年最後の譲渡会です。ぜひぜひ、遊びにいらしてください。

13時より15時半まで。
仙台市泉区南光台のにきどうぶつ病院待合室にて。

続きを読む

12月里親会のお知らせ

なんということでしょう、いつの間にか12月になっていましたね

寒かったり暖かかったりの秋がいつの間にか終わって、いやとっくに終わって冬になってるし

夕べはいつの間にか寝てるし

メンバーに、「今夜更新出来るから写真ちょーだーい」ってラインをして、

送られてきてました、里親会に参加の保護猫達の写真

 

明後日10日の日曜日と、17日の日曜日

 

二週続けて里親会です!

 

猫おばの保護猫、オイちゃん♂は全く物怖じしないグイグイ男子☆

 

続きを読む

茶トラ茶トラ、茶トラ一家の現場

引っ越しして誰も居なくなった部屋に、10匹以上の猫が取り残され、その猫達を保護したおじいちゃんから相談がありました。

私の個人ブログ等で報告しています(今日は近藤が更新しております)、茶トラ一家の現場について

適正な飼育でなく繁殖してしまうケースが、私達に寄せられる相談や問い合わせだけでも数が多く、福祉サービスを利用する高齢者や生活保護受給世帯でのこのような案件について、もっとこうだったらいいのにと願う方向に進んでいけるように、にゃんこ組では、活動の拠点である仙台市の仙台市動物管理センターアニパル仙台と少しでも連携をしていけたらと考えています

猫おばが先日アニパルさんに話し合いに行ってくれました

 

今回の現場の茶トラの猫達、みんな後ろ足のつま先からかかとまでの毛がはげていて、赤く炎症を起こしていたり、皮膚がかたくなっている子もいました

動かずにじっとして座っている時間が長かったんだろうと思います

その姿を考えただけでかわいそうで仕方ありません

 

同じ思いで支えてくださる皆様に感謝いたします

預かりを申し出てくださった皆様、ご支援をくださる皆様、ありがとうございます

 

レスキューされた猫達

ゴンママさんが保護してくれています、お外にいたオス猫くん

 

続きを読む

19日は譲渡会!

 うれしいご報告!正式譲渡が続いています!

 47匹にゃんこからは、にことふな、くるみとこのみに続き、むーこちゃんも正式譲渡。先住のロシアンブルー、ももちゃんといい感じでやっているようです♡良かった!そしておっとりくろちゃんはトライアル中。山奥のキャンプ場にこどもたちと一緒に捨てられていた祝ママにも、新しい家族ができました。

 狭いゲージの中で過ごした10年なんて、あっという間に忘れるね。広くてあったかいお部屋で、優しい家族と、これからのんびり楽しく、元気に過ごしてほしい。みんなみんな、お幸せにね!

 にゃんこ組、まだまだまだまだ、まだまだ保護猫がたっくさんおります!

数か月、47匹にゃんこ最優先で譲渡会をひらいていたので、保護っこたちは久しぶりの譲渡会参加になります。みんな、頑張ろうね。固まるかな・・・(^_^;)

 

はい、もちろん、今月もやらせていただきます!譲渡会

19日(日)13:00~15:30

にきどうぶつ病院様待合室にて

(仙台市泉区南光台南3丁目4-3)

 

続きを読む

9匹、終生飼育ホームへ

 47匹にゃんこ。現在の状況。

 正式譲渡が5匹、トライアル中が2匹。2番のひめちゃんはお空へ旅立って、飼い主さん宅に12匹、にゃんこ組メンバー近藤にゃんこ宅でケアしているのが18匹。

 

 そして9匹を、4日に終生飼育ホームに搬送しました。

 実は避妊去勢をしたらホームにやるというのは、にゃんこ組が47匹にゃんこに関わった当初の、相談者さんのアパートを管理する方たちの決めた解決策でした。そこをちょっと待っていただき、里親募集をさせてもらったり、だいぶわがままをきいていただき、自由にやらせていただきました。でも、最終的に、約束の期限を過ぎ、自分たちですべてを引き取ることもできずに、やはり終生飼育ホームも考えなくてはならないと判断しました。

 最初にアパートの管理会社の方が相談していたのは別のホームでした。でも、どうしても、頼むならここしか考えられないと、またまたこちらの希望をきいていただき、今回、みなさんご存知の、犬猫みなしご救援隊様に、9匹をお願いしました。

 

 搬送をお手伝いくださったSさんご夫妻、みなしご救援隊のみなさまに心より感謝申し上げます。

 

 当日の朝に、まさかのトラミ、ワクチン未接種ということが判明し、バタバタしましたが、

 中谷さんが「こっちでうつからいいよ。その分他の猫たちを助けてあげてください」と豪快におっしゃてくださいました。

中谷さん、田原さんはもちろん、猫たちをお渡しした時にお会いしたスタッフのみなさん、短い時間しかお会いしていませんが、

信頼できる安心できる方たちばかりでした。やっぱり最後のわがままで、みなしごさんにお願いしたいと言って良かった。

 

 品のいいアオイ、ちょっとやんちゃなシロ、超甘えん坊のどらえもん、草食男子ユーリー、車酔いさせちゃってごめんねキャンキャン、トラは機嫌よくなったかな、結石がよくなるといいねトラミ、勝気女子のモン&レモン、新しい猫生を思う存分生きてほしい。

広いお部屋で、たくさんのボランティアさんに遊んでもらって、撫でてもらって、楽しく生きてほしい。ほかのたくさんの子たちと仲良くできるかな。ワンちゃんたちに猫パンチしちゃダメだよ。大丈夫だよね。元気でいてね。とにかく元気でだよ。

 

 ごめんねという思いを抱えながら、頑張る。

残りの子たちの里親募集、まだまだやります。

医療が必要な子たちはにゃんこ組で引き取りケアします。

飼い主さん宅の12匹もずっとサポートします。

うん、頑張ります!

 

 9匹の子たちへ、もっともっとご支援したかったという方は、犬猫みなしご救援隊様へご支援お願いいたします。

 

 まずは、47匹多頭飼育崩壊にゃんこ。ここで最初の一区切り。

たくさんの、本当にたくさんの方に助けていただきました。ありがとうございました。

 

47匹にゃんこのおかげで、ありがとう、を何百回と言いました。何度言ってもいい言葉だなぁと思います。47匹にゃんこにも感謝。

 

 

47匹にゃんこのこれから

 とうとう、47匹にゃんこ、最後の譲渡会が終わってしまいました。 

 2週連続で譲渡会を開かせていただいたにき先生はじめスタッフの皆様に感謝。

 お越しいただいた皆様も、たくさん猫たちのことをかわいいかわいい言っていただき、感謝。猫たち、喜んでいましたよ。ありがとうございました。

 

 47匹もの多頭飼育崩壊。私たちにゃんこ組は働く3人の猫友。出来るわけないと思いながらの見切り発車。気が付けば本当にたくさんの方に助けていただき、優しい里親さんにも恵まれました。今週のうちにご家庭訪問や先住猫とのお見合いがありますが、まだ20数匹おります。アパートの管理会社さんとの約束の期限も過ぎています。飼い主さんは13匹を引き続き飼いたいと言っていますが、現実として厳しいと思っていますので、説得を続けます。手放してもいいとなればその都度里親募集をさせていただく予定です。

 

 にゃんこ組が現在3人で抱えている猫たちは150匹オーバー。シェルターも持たず、それぞれの自宅で自分たちでケアしています。どんなに頭をねじって考えても残りの子たちを全頭受け入れる余裕がない、受け入れたところできちんとしたケアができる自信もない。つまりは私たちの力不足。

 

 10匹は確かな団体さんに終生飼育をお願いすることに決めました。この子たちと最後まで関われないこと、悲しくもあり、寂しくもあり、様々な形で支えてくださった皆様に申し訳なくもあり、情けない。ただ、お願いするところは、日本中の施設の中からここならというところを選びました。お願いするに当たりかかる費用は、アパートのオーナー様からのご支援と今まで皆様からいただいたご支援金を使わせていただきますこと、どうぞご了承ください。

 

 3日まで、まだまだ里親募集はしております。どうぞ、お見合いしてみたい方はお問い合わせより連絡をお願いいたします。

 先日の譲渡会にお越しくださった方々は見ているのでわかりますが、フリーにすると喜んでおしりフリフリ待合室を探検しています。撫でて撫でてとスリスリの嵐です。本当にいい子たちなんです。全頭避妊去勢済、ワクチン済、エイズ白血病陰性、ブロードライン済。手術の麻酔のために基礎血液検査もしてあります。新しい家族としてこれから寄り添って歩んでくれる里親さん、お待ちしております。

 

 また、にゃんこ組で引き取りケアしている子たちの医療費、引き続きご支援いただけましたら幸いです。

 

 

 超甘えん坊のどらえもん、寄り目のあんぱんまん、おっとりのユーリー、お笑い担当パーコ、〇顔がキュートなルーシー、つぶらな瞳のキャンキャン、お上品なメリー、控えめ男子のトマト、勝気女子のレモン&モン、仲良しウズラ&ポポ、二度見しちゃう顔の大きさ!カイくん、アオイにシロ、こたま、トラ、とらみ、ゆりえ、マリー、まだまだいます。

みんなに幸せになってほしい。

続きを読む

29日は譲渡会とローズガーデン出店!

 ラストとして臨んだ、22日の譲渡会。にき先生が近辺エリアに新聞折り込みチラシをしてくださいました。何から何まで感謝です。

おかげで、準備段階から数組の希望者様にお待ちいただくという、初めてのことに。ありがたい。

今回は47匹にゃんこと一緒に参加していた、山奥のキャンプ場に捨てられていたママ、祝ちゃんにお申込みがありました。47匹にゃんっこはやはり年齢でみなさん二の足を踏んでしまうようです(-_-;)

 10歳。もちろん、高齢です。でも、人間でもおじいちゃんおばあちゃんってなんかかわいいじゃないですか。そういうかわいさが猫にもあるんです。子猫や若者とは違う味があります。そこが高齢猫の魅力だと思います。もちろん、若い子よりもフードや日頃のケアなどお金も手間もかかります。そこは、家族ですのでね。えさやるくらいなら飼える、という方もおりますが、生き物ですので、いつ何がおきるかわかりません。えさをやるだけでは終わりません。家族がひとり増えるということはそれなりの覚悟が必要かと思います。病気で飼い猫を手放した例を見ているのでついつい厳しいことを書いてしまいますが(・_・;) 特別なことではないですよね。当たり前のことだと思っています。猫だって痛いや苦しいは取り除いてほしいし、ブラッシングもしてほしいし、おもちゃで遊びたいんです。爪だって思い切り研ぎたいし、抱っこして眠りたいんです。それらを受け入れてほしい。猫を飼うってそういうこと。

 長くなりましたが、なんと!にき先生のご厚意で、29日も譲渡会をすることになりました!パチパチパチパチ~

13時より17時までです。今度こそ、本当に最後の47匹にゃんこの譲渡会です。

お待ちしております!

また、29日は毎年参加させていただいている、仙台ローズガーデン様の「秋の感謝祭」にも出店いたします!

猫たちの参加はなくて、グッズの販売とフリマになります。

大好評のニャべ敷きは残りわずか、

まニャ板はミニサイズと薄型をご用意しました。

ステキな手編みのかごバックも!その他手作り品やオリジナルTシャツなどなど。新米も、準備が間に合えば^^; 販売いたしますよ~

 譲渡会と同じ日ですので、ボランティアさんにお手伝いをお願いしました。こちらもありがたい。

 秋の感謝祭は、毎年とっても盛り上がる楽しいお祭りです!ステージでのコンサート、オークション、ビンゴ大会、お得なアレンジの販売、おいしい出店もたくさん並びます!

10:00~15:00

仙台ローズガーデン

仙台市泉区北中山4丁目26-18

こちらもお待ちしております!

続きを読む

最後の譲渡会

 1日の譲渡会、猫たち頑張りました!お越しくださったみなさま、ありがとうございました。この日は宮城県内あちこちで譲渡会があったようです。たくさんの猫たちが幸せを掴んだことでしょう。

 47匹にゃんこは3匹にお申込みがありました。うち2匹が後日希望者様が猫を保護したのでキャンセルになりました。ちょっと残念ですが、でも、その猫が助かって良かった。

 この子たちは過酷な環境で育ちましたが、そんなことを恨むでもなく、気にしていません。淡々と生きるということを、47匹にゃんこに教えてもらいました。ごはんを食べればおいしい、撫でられればうれしい、そうだよね。うん、そうだね。

そのうれしいや幸せをもっともっと与えてあげたい。

次回22日(日)もにき先生のご厚意で譲渡会をさせていただくことになりました。次が、47匹にゃんこの譲渡会としては最後です。

 

 本当は引っ越しまでに猫を譲渡し減らすことが最初の約束でした。でも、思うように里親探しがすすまず、期限を延長してもらっている状況です。

 まだまだ27匹が飼い主さんの元で暮らしています。もっとのびのび、家族としてかわいがられて暮らしてほしい。

22日、お待ちしております!

にゃんこ組ができる最後の47匹にゃんこ譲渡会です。

13:00~15:30

にきどうぶつ病院様待合室にて

(仙台市泉区南光台)

 

クロちゃん、きみは絶対幸せになれるぞ。ステキなご家族からお申込みをいただいたクロちゃん。47匹の中で一番というくらいのおっとりさん。ごま塩色がかわいい!

 

 

 7月11日、近藤にゃんこが47匹にゃんこのお宅を訪問。アパート取り壊しのために引っ越しすることになり、猫を減らさなければならないという飼い主さんに会いに行きました。当初は、全頭高齢だし、引っ越しを伸ばしてもらうしかないと提案するハズでしたが、実際現場を見て、とてもこのままにはしておけない、なんとかしなければと、時間も保護場所もお金もない3人ができるわけないことに飛び込んだことが始まりでした。

 

  気が付けばほとんどの病院搬送をしてくれたKさんSさん、引っ越しを手伝ってくれたSさん甥っ子ちゃん、猫たちの医療費など資金面で支えてくださったオーナー様、たくさんのことをオーナーさんや飼い主さんの間に入って調整してくれた管理会社のO様、動物病院の皆様、フードを送ってくださったたくさんの皆様、酸素発生器を送ってくださったK様、酸素発生器購入資金をご提供くださったO様Y様、ケージをご提供くださった皆様、ご支援くださったたくさんの皆様、里親さんになってくださった皆様、などなど、本当にたくさんの方に助けてもらい、今日に至っています。感謝しかありません。


 47匹にゃんこを最後の最後まで見届けることが一番だとわかっていますが、既に約束の期限は過ぎていることと、残る27匹全てをにゃんこ組で引き受けることがどう頑張っても厳しく、今月中に決まらない子はにゃんこ組よりもっともっとしっかりとした、力のある、愛のある方たちにお願いする方向で話し合いをしています。はっきり決まりましたらまたご報告いたします。猫たちにとってどうするのがベストか考えてのことです。どうぞご理解ください。まずは22日の譲渡会、頑張ります!

 

 約3か月の間、環境改善、健康診断、ブロードライン、ワクチン、避妊去勢、必要に応じて手術、などなど47匹にゃんこ問題に取り組み、頭の中が付箋だらけになって、身体もちょっとおかしくなって、気持ちの休まる時がなくて、会えば会うほど47匹が愛おしくなり、どうしてあげることがこの子たちにとって一番いいのか、考えれば考えるほどわからなくなり、気持ちが揺らいだり、いまだにしています。

  たくさんたくさん、色々と、勉強になりました。47匹にゃんこたちに、感謝。

 3か月、いつも以上にまわりの人間には不義理を働いたと思います。なんてったて最優先が猫のことだから。ごめんなさいね。

続きを読む